カテゴリ:全校

シンボル太鼓組み立て

22日(土)の午後から、浮島小学校シンボル太鼓の組み立てを行いました。
防災参観日の後にも関わらず、多数の保護者の方々に参加していただきました。中には卒業生の姿もあり、懐かしく感じました。

熟練の技術で、太鼓台を次々と組み立てていく様子は見事でした。

約3時間の作業で立派な太鼓台ができあがりました。
暑い中作業してくださった皆様、本当にありがとうございました。
10月に入ったら差し上げの練習をする予定です。お祭り集会に向けて練習をがんばります。

防災参観日

いつ来るかわからない災害に備えて、役に立つ体験訓練を実施しました。
学校・家庭・地域、そして関係諸機関との合同訓練でした。
今年度も班ごとに、起震車や炊き出し訓練などのブースを回り、様々な体験をしました。

訓練の様子を写真で紹介します。

【放水訓練】
 

【起震車体験訓練・初期消火訓練・新聞紙スリッパ作成】
 

【マンホール型簡易トイレ設営訓練】

【炊き出し訓練】

【応急搬送訓練】

【応急処置訓練】

みんな積極的に質問や体験をして、真剣に訓練をしていました。
今日学んだことは、どれも大切なことばかりです。いつか災害にあった時、今日の訓練を思い出して、自分だけでなく周りの人も助けられるようになってください。

準備や指導をしてくださった、公民館や地域、関係諸機関の皆様、本日は貴重な体験をありがとうございました。

レッツチャレンジ浮島小 お手玉大会

4~6年生で、「レッツチャレンジ浮島小 お手玉大会」をしました。
新居浜市のお手玉大会への出場権をかけて、みんなやる気満々です。
 
まずは「両手二個ゆり」です。何分間お手玉ができるかを競います。
集中力が試されますが、結果は2分間以上お手玉ができた人が16人もいました。

次は「片手二個ゆり」です。片手だけで何回お手玉ができるか競います。難易度の高いこの技、1、2回で失敗してしまう人がほとんどでしたが、中には135回という素晴らしい記録を出した人もいました。

お手玉の技を競い合い、たたえ合った「レッツチャレンジ浮島小 お手玉大会」でした。

避難訓練

火災を想定した避難訓練を行いました。
 
なかよしタイムに避難の放送がかかると、みんな運動場まで速やかに避難していました。
ハンカチで口をおさえながら避難できていた人も大勢いて、放送をよく聞いていると感心しました。

全員の避難完了までかかった時間は2分40秒。
今回の避難訓練では、先に避難できていた人が自主的に並ぼうとしていたのが素晴らしかったです。
火災以外にも、地震、台風、集中豪雨など、色々な災害にあった時、情報を正確に把握し、速やかに避難できるように、訓練を重ねていきましょう。

身体計測

2学期の身体計測を行っています。

今日は1年生の身長と体重を測りました。
みんな1学期と比べて、大きく身長が伸びていました。

結果は「からだのきろく」に記入して、10月に予定している視力検査の結果と一緒にお返しします。
楽しみにしていてください。