カテゴリ:4年生

人権教室(3、4年生)

人権擁護委員の方々による、人権教室がありました。

人権擁護委員の方々は、皆さんに人権の大切さを伝えるために、人権メッセージや作文、「わ・和・輪」の作成、SOSミニレターや子どもの人権110番など、様々な活動をされています。

人権教室では、朗読劇「白い魚とサメの子」を見ながら人権について考えました。
いじめられていた白い魚が、嵐の夜の出来事をきっかけに自分らしさを見付け、仲間ができるまでのストーリーです。
勇気と優しさ、みんなで協力し仲良くすることの大切さがわかりました。

最後は、人権イメージキャラクターソング「世界をしあわせに」をみんなで歌いました。
「みんなで守る 手をとり合って 世界をもっとしあわせにしよう」「大事な命だよ いじめることはいけない」など、人権メッセージがこめられた素敵な歌でした。

人権擁護委員の皆様、今日は人権についてわかりやすく教えてくださり、ありがとうございました。
学んだことをこれからの生活に生かしていきたいと思います。

BFC活動

2回目のBFC活動がありました。

今日は、消防署の設備や仕事、ポンプ車や救急車などについての説明や、火災を早く消すために消防署が行っている様々な工夫について学びました。

そして、消防士さんが使っている「防火衣」を着させていただきました。火から身を守るために分厚い布を使って作られているので、着てみるととても暑かったです。火災現場では、これに20~25kgの空気呼吸器を背負って消火に当たると聞いて驚きました。

私たちを火災や急なけが・病気から守るために、消防署では様々な訓練や点検、整備などが行われています。みなさんは、火遊びを絶対にしない、出かける前や寝る前には火の元を点検するなど、消防署からのお願いを守って、火災を起こさない生活を心がけてくださいね。

小児生活習慣病予防検診

4年生が小児生活習慣病予防検診(血液検査)を受けました。

この検査は、生活習慣病等の早期発見・予防を目的として行っています。自分の体の状態を知る大切な検査ですが、注射をするので「こわい」と不安がっている子も大勢いました。でも、先生の言うことをよく聞いて臨んでくれたので、スムーズに検査が進み、全員が採血できました。

検査の結果は後日お返しします。受診を勧められた人は、早めに病院へ行ってみてくださいね。

BFC結成式

少年消防クラブの結成式を行いました。
まず、川東分署長様よりごあいさつがあり、少年消防クラブで学んでほしいことや、南海トラフ地震などについてお話していただきました。

そして記念品授与の後、クラブ員が決意を述べました。
最後に、これからお世話になる指導員の先生の紹介があり、みんなで自己紹介をしました。

これから、火災予防や応急手当、自然災害への備えなどを学んでいきます。よく勉強して、みんなのために活動できる人になってください。

消防用設備探し

4年生が学校を回って消防用の設備探しをしました。

教室や廊下、理科室、校長室など、それぞれの場所にどんな消防用の設備があるのか調べます。消火器、消火栓、火災報知器など、どこに何があるのかワークシートに記入していきました。
職員室には、火災が発生した場所を知らせる装置がありました。

火災から身を守るために、学校には様々な設備があることがわかりました。