浮島小学校日記

ブックトーク

学校司書の先生が、ブックトークをしてくださいました

今回は、伝記についてです。
私たちが今まで耳にしたことがある言葉の中には、「レントゲン」や「ディズニー」のように、人の名前がもとになっているものがたくさんあります。


みんな興味津々で、ブックトークを聞きました。
偉大な功績を遺した先人たちも、浮島小学校のみんなと同じように子どもだった時期があります。
夢や目標をもち、こつこつと努力していきたいですね。

手洗い・うがいをしよう!

新居浜市内でインフルエンザの患者数が増えてきています。
浮島小学校にはまだインフルエンザの人はいませんが、これからの季節は予防に注意が必要です。

そこで、保健体育委員会の児童が、手洗い・うがいの呼びかけポスターを作りました。


どれも力作ぞろいです!
各階の手洗い場に掲示しているので、教育相談の際にぜひご覧ください。
手洗い・うがいで、冬をのりきりましょう!

なわとび板設置


なわとび板を設置しました。
早速、昼休みや授業で活用しています。

難しい跳び方に挑戦したり、回数を競ったり、どんどん上達しています。
寒さに負けず、みんながんばれ!

高齢者体験

5年生が、総合的な学習の時間に、福祉センターに行きました。


まずは、福祉センターの中を見せていただきました。
高齢者や障がいのある方など、だれもが気持ちよく生活することができるように、様々なユニバーサルデザインの工夫がされていました。
続いて、いろいろな装具をつけて高齢者体験をしました。


おもりをつけて体を重くしたり、ゴーグルをつけて視野を狭くしたりしました。
普段の自分の感覚と違い、うまく歩くことができませんでした。
高齢者の方々の気持ちがよく分かりました。
これからも、様々な立場の人のことを考えながら、思いやりの心を大切に生活していきましょう。

きらきら活動

きらきら活動で、ボランティア・掲示委員会の児童が、浮島小校区の施設へお花のプランターを届けました。

リヤカーにお花を乗せて、浮島公民館、川東児童センター、川東高齢者福祉センターを回りました。

地域の皆様、いつも見守ってくださり、安心して施設を利用させてくださり、ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。