浮島小学校日記

体験学習

2日から、中学生が職場体験学習で浮島小学校に来ています。

台風による警報発令で、学校にいる時間は短くなってしまいましたが、勉強のサポートをしたり、昼休みには児童と遊んだり、先生の仕事について学んだりと、一生懸命がんばっていました。

中学生の立派な態度や、将来の夢に向かって努力する姿に、浮島小の子どもたちも学ぶことが多かったと思います。
3日間ありがとうございました!

BFC活動

2回目のBFC活動がありました。

今日は、消防署の設備や仕事、ポンプ車や救急車などについての説明や、火災を早く消すために消防署が行っている様々な工夫について学びました。

そして、消防士さんが使っている「防火衣」を着させていただきました。火から身を守るために分厚い布を使って作られているので、着てみるととても暑かったです。火災現場では、これに20~25kgの空気呼吸器を背負って消火に当たると聞いて驚きました。

私たちを火災や急なけが・病気から守るために、消防署では様々な訓練や点検、整備などが行われています。みなさんは、火遊びを絶対にしない、出かける前や寝る前には火の元を点検するなど、消防署からのお願いを守って、火災を起こさない生活を心がけてくださいね。

きらきら活動

地域の清掃を行う「きらきら活動」がありました。

学年で分かれ、海岸のごみ拾いや学校の草引きをしました。

ボランティア委員の児童は、児童センターや高齢者福祉センター、公民館に、花のプランターをお渡ししました。

地域の施設や環境がきれいになりうれしく感じるとともに、自分たちの暮らす場所を、これからも美しく保っていきたいという気持ちも強くなりました。
海岸チームは、18袋ものごみを拾ったそうです!きらきら活動の後3時間目から大雨が降り始めたので、時間を入れかえて実施して大正解でした。皆さん、暑い中よくがんばりました。

フッ化物洗口

今日から、フッ化物洗口が始まります。
むし歯予防のため、歯を丈夫にする「フッ化物」の入った水でうがいをします。
1年生は初めてなので、まずは水で練習しました。音楽に合わせて、口いっぱいにフッ化物の液が広がるように、ブクブクうがいをしていきます。コップ一杯に泡ができたら、上手にうがいができた証拠です。

今年度の歯科検診では、むし歯のある児童の割合が24%(29年度は33%)と大幅に減少しており、フッ化物の効果を感じています。給食後の歯みがきと合わせてこれからもがんばっていこうと思いますので、よろしくお願いいたします。

スイミー

国語の授業研究会で、2年生がスイミーについて学習しました。

今日は、一人ぼっちになったスイミーが、新たな仲間を見つけた場面でのスイミーの気持ちを考え、音読の表現にどう生かすかについて話し合いました。
うれしい気持ちを大きな声やふりつけで表現するなど、スイミーの気持ちを音読で伝える工夫ができました。

この学習の最後には、音読劇「スイミー」を完成させて、1年生に向けて発表会をする予定です。想像を広げて情景が伝わるようがんばりますので、楽しみにしていてくださいね。